金富子の相場観 BOXゾーンを認識

日本株市況の動向

 空売り比率:50.3% 異常値
 大証TOPIX型プットオプション建玉:6万枚(1兆円規模)
 総じて外国人を含めヘッジファンドの売り圧力

先物の売り・カラ売り(貸株含)の処理に対しては
 現渡しか
 買い戻す前提
 為替5月に向け107円後半~109円の水準戻し
売り圧力に拍車をかけているのはありもしない
米朝戦争と安倍政権崩壊の国内外のマスコミ捏造です
株式はその悪風の影響を受けつつも
これはヘッジファンドの極端な売りであり
冷静沈着なスタンスならば買い材料は乏しくとも
値崩れからの立ち直りは早く 当面BOXゾーン圏内を継続


状況を的確に判断し臨機応変に
相場の流れに乗って楽々たっぷりと日本株でお金を儲けていきましょう!


地場証券
金富子 
プロフィール

金 富子

Author:金 富子
株式銘柄を無料提供

株式新聞
兜町地場証券
インターネット証券
兜町証券
日経スタジオ
東証アナリスト
S・MBCレーディング


seoul・ミョンドンbeauty社代表


課金制度内では、金富子が売買している銘柄とタイミングを提供

 
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
株価チャート
FC2カウンター
RSSリンクの表示